Information
ブログ

ブログ

英語圏向けコンテンツ造成・プロモーションについての無料ウェビナーを開催します

ニュース EXPORT JAPAN

2023年度に続いて、2024年度も様々な地域でインバウンド向けのコンテンツの造成を推進する流れが続いています。
地域のインバウンドご担当者様においては、現在「観光庁新発見事業」や「特別な体験の提供等によるインバウンド消費の拡大・質向上推進事業」など、コンテンツ造成事業に向けた動きをされているのではないでしょうか。

一方で、昨年度までに造成されたコンテンツの売れ行きに悩まれた(悩まれている)という声も様々な形で耳にします。
コロナ禍以降の長引いた入国規制期間の後、あまり馴染みのないインバウンドコンテンツ造成や販売に苦労された方も多かったものと考えています。

そのような状況を踏まえて、売れるコンテンツを作ること・コンテンツを訪日旅行者に届け販売することに重点を置き、
せっかく造成したコンテンツを少しでも多くのゲストに楽しんでいただくために必要なことは何なのか考えていくためのセミナーを、
長年コンテンツ造成・ガイド教育に取り組んでこられた株式会社羅針盤(旧社名:株式会社ノットワールド)様と一緒に開催します。

観光コンテンツ造成を行う地域の方、既に出来ているコンテンツの磨き上げを検討されている方、インバウンド向けのプロモーション方法に悩んでいる方々に、ぜひご参加いただければと思っております。

 

 

[概要]
セミナー名:売れないのには理由がある コンテンツ造成・情報発信の落とし穴
日程:2024年4月25日(木)
時間:14:00-15:00
会場:WEB(ZOOM)
費用:無料

[参加方法]
上述のURL先よりお申込みください
https://forms.gle/Lc6LWefXFAjbzZkA8

 

[こんな方におすすめ]
・観光庁事業などでコンテンツ造成を行う地域のご担当者
・コンテンツをフックに英語圏FIT層の地域への誘客を目指す方
・造成したコンテンツの磨き上げやプロモーションに課題を感じている方
・インバウンドでのコンテンツ造成・ガイド育成・プロモーションなどに関心のある方

[タイムスケジュール]
14:00 開会のご挨拶
14:05 羅針盤:コンテンツ造成について
14:15 ジャパンガイド:プロモーションについて
14:25 パネルディスカッション
-コンテンツを売るために必要なこと
-商品造成の際、意識していること・意識すべきこと
-情報発信の際、意識していること・意識すべきこと
14:55 質疑応答
15:00 閉会

[登壇者]
佐々木 文人
株式会社羅針盤 代表取締役

株式会社損害保険ジャパンを経て、ボストン・コンサルティング・グループへ。
在職中、新規事業開発・営業改革のプロジェクトに従事。企業の売上拡大・業務効率化に貢献。
結婚後退職し、1年間の世界一周新婚旅行を経て2014年に株式会社ノットワールドを創業。2023年4月より現職。
外国人向けオプショナルツアー(Japan Wonder Travel)、着物レンタル事業(京都きものレンタル)、宿泊管理事業(COMPASS STAY/)等を運営
全国通訳案内士、総合旅行業務取扱管理者。

 

高倉 佑介
エクスポート・ジャパン株式会社 インバウンドマーケティング事業部長

2015年よりjapan-guide.com事業部に配属。おもに広告企画提案・広報職を担当。
観光庁、環境省、近畿運輸局、大阪観光局、中部経済連合会、北海道観光新機構機構等、中央省庁や地方自治体、また民間企業の欧米豪圏向けwebプロモーション事業に従事。
現在までjapan-guide.com事業部全体で、動画/記事制作をはじめとする2億5千万円規模(年間)のwebプロモーション関連の事業に従事。
また、同じく2018年度より現在に至るまで観光庁「多言語解説整備支援事業」の業務を担当し、観光庁、事務局、地域協議会間のメイン窓口として予算管理、執行管理等に従事。

関連記事